コラム目次へ ■正字版 ■正字版(振り仮名付き) □略字版

正仮名遣ひ速習術

2006年3月18日 著作者 佐藤正彦

前書き

インターネットが普及するにつれて、 歴史的仮名遣ひが静かなブームを呼んでゐます。 歴史的仮名遣ひは伝統的仮名遣ひとも呼ばれ、 それを肯定的に使ふ人は正仮名遣ひと呼び、 否定的な人や関心のない人は旧仮名遣ひと呼びます。 ここを訪れてくださつた皆さんや私は、もちろん肯定的に使ふ人ですから、 以後、正仮名遣ひと呼びます。

正仮名遣ひは、現代仮名遣ひ制定以後、 情報発信能力がマスメディアに独占されてゐた時代では、 公平な評価をされる機会がありませんでした。 正仮名遣ひで情報を発信しようにも、 マスメディアは消極的でした。 正仮名遣ひの支持者と情報を交換しようとしても 個人の力ではどうにもなりません。 情報発信も同人誌レベルにとどまつてゐました。

ところが、インターネットでは、 個人がマスメディアを通さずに全世界に向けて情報を発信できます。 正仮名遣ひで文章を書けば、検索エンジンを通して、 いつのまにか正仮名遣ひの支持者が集まり、 大きな輪となります。実際、正仮名遣ひに触れると、 その合理性に感銘し、また、新たな輪が広がつていきます。 この文章は、その輪を広げ、正仮名遣ひに興味はあるが、 実践をためらつてゐる人に、 正仮名遣ひの「速習術」を伝へるのが目的です。 なるべく少ない項目で、大きな効果を上げることを目的としてゐます。

なほ、この文章は、 常用漢字に慣れた読者のための略字版と、 伝統的な字体を用ゐた正字版の二種類を用意してゐます。

佐藤正彦

目次

1. 片仮名

日本語には、平仮名と片仮名の二つの表音文字があります。 どちらも正仮名遣ひの対象ですが、 片仮名には、それに加へて、発音を忠実に表現する音写といふ機能があります。 現在の文章は、主に漢字と平仮名で構成されてをり、 片仮名は外来語を表記するための音写用の文字として使はれてゐます。 従つて、片仮名は音写用に使ひませう。 以下に音写用に使はれる片仮名を紹介します。

2. 漢字

日本語は、自立部と付属部が交互に現れて文章を構成します。 自立部は、それ自体が具体的な内容を持つもので、 付属部は、自立部を補完して文の構成要素となります。 自立部がタイルなら、付属部は、それらをつなぐ接着剤と考へればよいでせう。 自立部は、「山」「風」「話」「静」などの部分で、付属部は、 「て/に/を/は」「です」「ます」「~てくる」や送り仮名の部分です。 また、「そして」「しかし」などの接続用の言葉や、 「これ」「それ」などの指示用の言葉も広義の付属部に含まれます。 日本語では、伝統的に、自立部を漢字で書き、付属部を仮名で書いてきました。 従つて、正仮名遣ひが本当に必要になるのは付属部に限られます。 具体的に以下の文章で説明してみませう。

この文章をすべて平仮名で書いて正仮名遣ひを適用したものと、 自立部を漢字で書いて正仮名遣ひを適用したものを紹介します。

自立部付属部
イッシュウカン
ニチヨウビカラ
ハジマリ
ドヨウビ
ワリマス。
自立部付属部
いつしうかん
にちえうびから
はじまり
どえうび
はります。
自立部付属部
一週間
日曜日から
まり
土曜日
はります。

文章として続けて書くと以下のやうになります。

現代仮名遣ひと比べると、自立部を漢字で書いたときに、 違ひがあるのは「終はり」の部分だけです。 このやうに漢字を適切に使ふことは正仮名遣ひの速習術に大きな効果があります。 (実は、「終はり」は「終り」とも表記できるので、この例では現代仮名遣ひと違ひがなくなります。 漢字を適切に使ふことが、正仮名遣ひ実践への近道であることを示唆します。)

「一週間は・・・」の例文で示したやうに、 自立部まで正仮名遣ひの対象にすると、 漢字の音読みを表記する字音仮名遣ひも習得する必要があります。 学問的には、字義と形声文字を手掛かりに字音仮名遣ひも興味深いのですが、 速習術では、自立部を漢字で書くので、字音仮名遣ひを覚える必要はありません。 一部、漢字の音読みに由来する言葉が付属部にもありますが、 それらは、数例の慣用句に限られるので、個別に覚えれば大丈夫です。

3. 平仮名

正仮名遣ひで使ふ平仮名は、 イロハ歌で使はれる47文字に、はねる音の「ん」を加へた48文字です。 また、符号として、濁点「゛」、半濁点「゜」が使へます。 小書き仮名「ゃゅょっ」は、なるべく使はず、普通の大きさの仮名にして書きます。 長音符号「ー」は使ひません。以下に平仮名用に使ふものを紹介します。

正仮名遣ひとして注意を要するものは、 「ワイウエオ」「ジズ」の7つの音に関連する仮名です。 以下の章では、これらの音に関連する項目を紹介します。

読み
語頭の候補い、ゐえ、ゑお、をじ、ぢず、づ
語中の候補わ、はい、ゐ、ひう、ふえ、ゑ、へお、を、ほじ、ぢず、づ

4. 「ワ」

語頭で「ワ」と発音するものは、すべて「わ」と書きますが、 語中で「ワ」と発音するものは、「は」「わ」の二つの候補があります。 原則として、語頭の「ワ」は「わ」と書き、 語中の「ワ」は「は」と書きます。

送り仮名によつては、語源を意識して、付属部を多めに書くときもあります。 その場合、「植わる」「据わる」の二つは「わ」と書きます。ただし、これらの言葉は、 送り仮名を最小限にとどめて「植る」「据る」と書くことで回避できるので、 例外項目として設けてゐません。

5. 「イ」

語頭で「イ」と発音するものは、「い」「ゐ」の二つの候補があり、 語中で「イ」と発音するものは、「い」「ひ」「ゐ」の三つの候補があります。 原則として、「イ」は「い」と書きます。 ただし、「~イマス」といふ表現には例外があります。

例外(5-1),例外(5-2),例外(5-3)
「~イマス」候補表記備考
例外(5-1)オモイマス「ひ」思ひます 「思ひ」「思ひたい」「思ひ出」など、すべて「思ひ」になる。
~イマス ~ひます 「~ひ」「~ひたい」「~ひ方」など、すべて「~ひ」になる。
例外(5-2)モチイマス「ゐ」用ゐひます「用ゐ」「用ゐる」「用ゐ方」など、すべて「用ゐ」になる。
例外(5-3)オイマス 「い」老います 「老い」「老いる」「老い先」など、すべて「老い」になる。
ナサイマス なさいます「やりなさい」など、すべて「なさい」になる。

参考(5)にあるやうに、漢字で書く自立部を平仮名で書く場合、 訓読みでは、「ひ」と書くのが原則です。 例へば、「幸」「災」に送り仮名を付けると、 「幸ひ」「災ひ」のように「イ」の部分を「ひ」と書きます。

6. 「ウ」

語頭で「ウ」と発音するものは、すべて「う」と書きますが、 語中で「ウ」と発音するものは、「う」「ふ」の二つの候補があります。 原則として、「ウ」は「う」と書きます。

例外(6-1)
「~ウトキ」候補表記備考
例外(6-1)オモウトキ「ふ」思ふとき「思ふ」「思ふなら」「思ふらしい」など、すべて「思ふ」になる。
~ウトキ ~ふとき「~ふ」「~ふなら」「~ふらしい」など、すべて「~ふ」になる。

「~ウトキ」と言へるとき、「~ふとき」と書きます。 この場合、「~ふ」はすべてに適用します。 例へば、「思ふとき」と言へれば、「思ふ」「思ふなら」「思ふらしい」も同様に、 「思ふ」です。この例外(6-1)は、「イ」に関係する例外(5-1)「思ひ」と関連付けて覚えるとよいでせう。

「ウ」に関連する長音

「う」には、前の仮名と一体化して、長音を表す機能があります。 場合によつては、前の仮名が置き換へられます。 「う」の前がオ段の場合、原則としてア段に変へて、書きます。 ただし、「オウ」の組み合はせでは、「×あう」でなく、「はう」になります。 その他の例外として、個別に覚える表現が五つあります。

原則(6a), 例外(6a-1), 例外(6a-2)
規則発音表記
原則(6a) コウ→かうカコウ書かう
ゴウ→がうカゴウ嗅がう
ソウ→さうカソウ貸さう
トウ→たうカトウ勝たう
ノウ→なうシノウ死なう
ボウ→ばうトボウ飛ばう
モウ→まうカモウ噛まう
ロウ→らうカロウ狩らう
ロウ→らうヨカロウ良からう
規則発音表記備考
原則(6a) ソウ→さうカイソウダ買ひさうだ「買ひ~」例外(5-1)
ソウ→さうカウソウダ買ふさうだ「買ふ~」例外(6-1)
ヨウ→やうカウヨウダ買ふやうだ
ロウ→らうカウダロウ買ふだらう
ロウ→らうカッタロウ買つたらう「買つ~」本則(3)
例外(6a-1) オウ→はうカオウ買はう
例外(6a-2) マショウ→ませうカイマショウ買ひませう「買ひ~」例外(5-1)
デショウ→でせうカウデショウ買ふでせう「買ふ~」例外(6-1)
ヨウ→ようオキヨウ起きよう「起きるやう」に注意

ここで、注意が必要なのは、 原則(6a)の「起きるやう」と例外(6a-2) の「起きよう」との違ひです。 両者の区別の付け方は、「う」の後ろに「だ」を付ける方法で、 付く場合は「やう」となり、付かない場合は「よう」となります。 その他に、「オキヨウガナイ」といふ表現がありますが、仮名で書くと、 実は、原則(6a)に従ひ、「おきやうがない」になるのですが、 何よりも、漢字を使ふことを優先して、「起き様がない」とすれば、 迷ひ様がなくなります。「起きよう」といふ表現だけが例外になつてゐるのは、 この表現が比較的近世にできたものなので、現在の発音に近い仮名遣ひが 採用されてゐるからです。

また、例外(6a-2)には、指示用に使はれる言葉もあります。

特定の文脈で使ふ「ウ」に関連する長音

例外(6a-3)や例外(6a-4)は挨拶や会話文で使はれる表現です。 自立部を漢字で書けば、多くの場合、仮名遣ひを意識する必要はありません。

「思うた」「向かうに行く」などは、 ×「思ふた」×「向かふに~」と書きたくなりますが、 この場合、長音に関する規則が適用されます。 「思うた」は例外(6a-3)が、「向かうに~」は原則(6a)が適用されます。 「ムカウ」+「トキ」は可能なので、例外(6-1)で「向かふ」と書きますが、 「ムコウ」+「トキ」は不可能なので、原則(6a)で「向かう」と書きます。 しかし、このやうな紛らはしい例は、ごく一部なので、 神経質になる必要はありません。

7. 「エ」

語頭で「エ」と発音するものは、「え」「ゑ」の二つの候補があり、 語中で「エ」と発音するものは、「え」「へ」「ゑ」の三つの候補があります。 原則として、語頭の「エ」は「え」と書き、語中の「エ」は「へ」と書きます。 例外は、主に「~える」といふ表現で現れます。「エ」の例外は、 使用頻度の高くない言葉に現れ、しかも確実な数が決まらないので、 他の例外と比べて、覚える数が多くなります。

例外(7-1)の具体例
~え~甘える 癒える脅える 肥える絶える費える煮える生える冷える増える燃える
~や~甘やかす癒やす脅やかす肥やす絶やす費やす煮やす生やす冷やす増やす燃やす
例外(7-1)の応用例
~え~越える冴える栄える聳える萎える映える萌える
~や~(肥やす)(さやか)(さかやかす)(そびやかす)(なやす)(生やす)(燃やす)

例外(7-1) に該当しないものが、例外(7-2)です。 比較的使用されるものとして、 「覚える」「消える」「聞こえる」「凍える」「見える」「悶える」の六つを覚えればよいでせう。 例外(7-3) は「植ゑる」「飢ゑる」「据ゑる」の三つと、接続用の「ゆゑに」に限定されてゐます。

例外(7-1)に関連して、 「燃える/燃やす」「変へる/変はる」「据ゑる/据わる」の対応を意識することは、 正仮名遣ひの実践に効果的です。

8. 「オ」

語頭で「オ」と発音するものは、「お」「を」の二つの候補があり、 語中で「オ」と発音するものは、「お」「ほ」「を」の三つの候補があります。 原則として、語頭の「オ」は「お」と書き、語中の「オ」は「ほ」と書きます。 漢字で書く自立部を除いた部分で「オ」が出現するときは、 「~オ~スル」「~オウ」「~テオク」「~テオル」「オ~スル」「オ~ニナル」などの定型的な表現に限られます。

余談ですが、「植わる」「据わる」「ゐる」「植ゑる」「据ゑる」「をる」のやうに、 正仮名遣ひでワ行になるものは、共通の語源として、 「座る」といふ意味が含まれると言はれます。

9. 「ジ」

「ジ」と発音するものは、「じ」「ぢ」の二つの候補があります。 原則として「ジ」は「じ」と書きます。 漢字で書く自立部を含めれば、「ぢ」が使はれることも多いのですが、 平仮名で書く付属部に限れば、 例外(9-1)で示した言葉とその関連語になります。 関連語には、「ぢ」と「づ」が交換するものもあります。 例として、「恥づかしい」が挙げられます。 「~ぢやない」は会話で使はれる表現で、「~では~」から変化したので、 「で」と同じダ行の「ぢ」を使ひます。同じやうな表現として、 「悲しんでしまふ」→「悲しんぢまふ/悲しんぢやふ」、 「さうであらう」→「さうぢやらう」などがあります。

10. 「ズ」

「ズ」と発音するものは、「ず」「づ」の二つの候補があります。 原則として「ズ」は「ず」と書きます。 漢字で書く自立部を含めれば、「づ」が使はれることのはうが多いのですが、 平仮名で書く付属部に限れば、 例外(10-1)で示した言葉とその関連語になります。 関連語には、「ぢ」と「づ」が交換するものもあります。

まとめ

規則送り仮名その他の付属部
原則 原則(4)(7)(8)「ワ」→「は」、「エ」→「へ」、「オ」→「ほ」
原則(5)(6)(9)(10)「イ」→「い」、「ウ」→「う」、「ジ」→「じ」、「ズ」→「ず」
原則(6a)オ段+「ウ」→同一行のア段+「う」
一般の例外 例外(5-1)「~イマス」→「~ひます」
例外(6-1)「~ウトキ」→「~ふとき」
例外(6a-1)「~オウ」→「~はう」
例外(7a-1)「~エル/~ヤス」→「~える/~やす」
個別の例外 例外(5-2)「ゐる/~てゐる/~でゐる」「率ゐる」「用ゐる」「くらゐ/ぐらゐ」「せゐ」
例外(5-3) 「老いる」「悔いる」「報いる/酬いる」
「いらつしやいます」「おつしやいます」
「くださいます」「ございます」「なさいます」
例外(6a-2) 「でせう」「ませう」
「どう」「もう」「~よう」
例外(7-2) 「覚える」「消える」「聞こえる」「凍える」「饐える」
「見える」「悶える」(「こぎえる」「まみえる」)
例外(7-3)「植ゑる」「飢ゑる」「据ゑる」「ゆゑに」
例外(8-2)「をる/~てをる/~でをる」 「~を~する」
例外(9-1)「閉ぢる/綴ぢる」「恥ぢる」(「怖ぢる」「攀ぢる」) 「~ぢやない」
例外(10-1)「いづれ」「づつ」「まづ」
特殊な例外 例外(6a-3)「~ウゴザイマス」→「~うございます」
例外(6a-4)「~ウタトキ」→「~うたとき」

参考文献、関連情報、用語集

参考文献、関連情報

道具箱

用語集

自立部
国文法の自立語に当たります。 ただし、自立語でも活用する語の場合、活用語尾は除きます。
付属部
国文法の付属語に当たります。 ただし、自立語の活用語尾も含めます。 接続詞、副詞、補助用言など仮名で書くことの多い部分も含めることがあります。
語頭
言葉の先頭。ただし、 「わざわざ」や「おのおの」のやうな繰り返し表現で、 二番目以降に来る「わざ」や「おの」の先頭部分も語頭に準ずるものとします。 また、「ことわり」や「さかづき」のやうな複数の言葉がつながつた表現で、 二番目以降に来る「わり」や「づき」の先頭部分も語頭に準ずるものとします。
語中
言葉の先頭以外。語尾も語中に含めます。 「は」「へ」「を」などの付属部は、 自立性のある表現として先頭に立つことがないので、 先頭部分でも語中として扱ひます。
隨時追加中