■[フレーム環境] ■[正假名遣ひ速習術] ■[目次]

正字正假名遣ひ - 作成支援道具 [JavaApplet版]

正字へ變換 正假名へ變換 小書きを保持 變換支援

基底URL

使用方法

概要

上部の入力領域に任意の文字列を入力すると、 正字正假名遣ひに變換されて、下段の出力領域に自動的に表示されます。 100%の自動變換精度は原理的に不可能なので、 多少の誤變換があるといふ前提でお使ひください。

變換オプション

[正字へ變換]
正字へ變換します。また、 當用漢字の制約で書き換へられた漢字熟語も可能な限り復元します。 復元する正字の集合は、携帶電話などで使はれる JIS X 0208 です。 正字の集合を Unicode まで廣げれば、より多くの正字を復元できますが、 文字化けの危險性が高まる割りには復元性は高まらないので、廣げてゐません。 また、正字は常用漢字表で例示されたものに限定してゐます。 きめ細かな變換をする場合は、 姉妹ページの『漢字變換道具』 を利用してください。
[正假名へ變換]
正假名遣ひに變換します。ただし次の語に關しては誤變換の危險性は避けられないので、 入力時から正假名遣ひの使用を勸めします。 正假名遣ひの簡單な實踐方法は、 『正假名遣ひ速習術』を參考にしてください。
  • 動詞「ゐる」 (「~てゐる」の場合は、自動變換の對象)
  • ハ行四段動詞の假名書き、「あふ」「いふ」など (「~といふ」の場合は、自動變換の對象)
  • 音讀みの假名書き (漢字の情報がない限り、字音假名遣ひへ正確な復元は不可能なので、漢字で書いてください)
  • 会話の短縮形、「では」に対する「ぢや」など (「~ぢやない」の場合は、自動變換の對象)
[小書きを保持]
正假名遣ひでは小書き假名を普通の大きさにしますが、 小書きのままで保持する場合は、このオプションを有效にしてください。
[變換支援]
變換の校正を支援します。變換したものを括弧([])で明示し、 未變換の「わいうえおじず」に特殊な符號(`,+)を付けます。
[↑全消去]
入力領域の文字列をすべて消去します。
[↓TEXT表示...]
變換後の結果を TEXT として別のウィンドウに表示します。
[↓HTML表示...]
變換後の結果を HTML として別のウィンドウに表示します。確實な表示を保證するものではありません。
[基底URL]
HTML表示で畫像やスタイルシートを探すための URL を指定します。 通常は、對象文書が置いてある URL を指定します。

コメント

漢字で書かれた用言の送り假名を中心に辭書登録してゐます。 平假名で辭書登録してゐるものは、 「~てゐる」「~てしまふ」のやうな補助用言と助動詞、 「まづ」「なほ」「さへ」「づつ」のやうな接續詞と助詞です。 そのほかの場合は、意圖的に平假名ばかりを續けると、容易に誤變換のパターンが見つかります。 漢字で書けるものはなるべく漢字を使用してください。 新聞の紙面と同程度の頻度で漢字を使用すれば、變換效率は實用的なレベルになります。 餘裕があれば、未登録語を作者にボタンで報告できるやうなフォームを作る豫定です。 ただし、これは作成支援ツールなので、100%の精度は目指してゐません。 また、[正假名へ變換]オプションで言及したやうに、 對象語の變換精度を上げると、副作用で全體の變換精度が落ちるものに對しては、 登録しない場合があります。



この道具は、JavaApplet版だけの提供になつてゐます。使用するときは、JavaApplet機能を有效にしてください。

[access counter]